Intaro
タイ族芒団白綿紙

製紙は、中国古代の四大発明の一つで、今から2000年ぐらいの歴史がある。孟定芒団村のこれまで続けられてきた民間人工製紙は、後漢時代の蔡倫氏の発明したその一連の完全なプロセスをそのまま使用されていて、中国古代製紙術の「生化石」だと言えるべきで、これまで技術の最も完全に伝承されてきた人工製紙技術である。2006年に、国家文化省に「第一陣国家級非物質文化遺産カタログ」に盛り込まれた。

 芒団タイ族製紙はすでに600年の歴史がある。製紙の原料は「構樹皮」で、タイ族人に「埋砂」と呼ばれている。製紙技術は古代製紙術の発明初期の純人工の歴史伝承を完全に保存されてきて、材料採り、材料乾燥、浸漬、灰和え、蒸し煮、パルプ洗い、パルプ混ぜ、紙かけ、紙干し、ローラー、紙干し、全部で11のプロセスがある。製紙では如何なる化学剤を添加されていない。

かつて、できた構樹紙は主に仏寺に送られて、仏寺の経文写しに供して、タイ族の歴史、文化を記載している。あるいは、土司の告示、公文、任用文書の公布に用いられ、あるいは竜鳳、象、馬鹿などの装丁に使われていた。いまでは、できた紙にはより多くのビジネス価値が付与されている。芸術分野では,芒団製紙は遠くまでよく知られている。人工製紙の特殊な紋様や素材のためで、芒団製紙は書道や水墨画に非常に適している。茶の葉を生産する茶商人は茶葉を包装する場合に、更に芒団紙が大好きで、茶葉の芒団紙包装は茶葉の歴史が重厚で、質朴かつ上品に見え、しかも変質しないで、お客様が親切に感じさせらる。

今では、この古い記憶を基に革新している若者もある。新鮮な花や木の葉で自分のデザインに合わせて、人工紙をはめ込み、独特のスタイルを与えている。これらの紙はまた手帳、スタンド、扇子に作られている。花や葉は紙の物語を飾り立て、紙は花や葉の生命をフリーズしている。

 

 

 

本文整理自孟定傣乡https://www.sohu.com/a/201699387_702251

云南网http://lincang.yunnan.cn/system/2018/10/15/030092871.shtml 

图文版权归原作者所有

如果侵犯了您的权益

请联系我们删除或索要稿费

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省文化と観光庁 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省文化と観光庁
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: