Intaro
三塔イメージ|大理には詩や未来があるだけでなく、蒼山や洱海があるだけでもない!

大理は、無限の想像力に満ちた場所!

大理は、一生に一度でも行かなければならない場所であり、大理では時間が静止しているもので、大理は砂時計のように複雑さを濾過し、平和と静けさを残してくれたと言った人がある。

大理はそこに行った人々によってあまりにも多くの感情や意味を与えられてきて、文字通りの詩や未来になっていて、まだ来ていない人々はそれに憧れを抱いているが、すでに来た人々はそれに対して夢中になっていると言った人もある。

しかし、大理は詩と未来があるだけでなく、蒼山や洱海の風光があるだけでもなく、大理は「雲南文化」の中心でもあり、雲南の沿革史の八十パーセントは大理の沿革史である。このような文化に影響されていて、大理は「文献の国」となっていて、大理を人間に喩えれば、それは古代の博学多才の偉い才子だと言えるに違いない。

「風・花・雪・月」という評判が強すぎるため、大理は実に歴史・文化名城であることを人々に忘れられたおそれがあるが、豊富な歴史文化蓄積があり、大理で最も「大理文化」を体現できる所は崇聖寺三塔のほかにならない。ここは大理文化の集中的に展示される場所である。

雲南省大理古城北から約1キロのところに位置している崇聖寺は、東は洱海に向かい、西は蒼山に控えている。南詔時代と大理国の王室国寺としての崇聖寺は非常に雄大である。蒼山に控えている崇聖寺の最高所の望海楼に登ると、洱海を見下ろすことができる。

大雄宝殿から、階段に沿って崇聖寺の最高所――阿嵯耶観音殿に来て、最高所に登って観ると、洱海は遠くないところにあり、その近くの大きな家屋が、この際、そんなに小さくなり、すべて一緒に集まっている。目の前の崇聖寺の亭台楼閣が、大きな茂みをくねくねとしていて、飛び軒や反り角、瑠璃・金色の瓦が見えたり消えたりしていて、それこそは大理のあるべき姿である。

阿嵯耶観音殿にある巨大な観音像は、大理地区の特有の観音――阿嵯耶観音であり、慈眉善目で、出入りの人々を見下ろしている。阿嵯耶観音殿の前には九龍池と呼ばれる小さな池があり、9匹の生きとした飛竜が1つの仏像を回って水を吐き出している。

阿嵯耶観音殿を出て、崇聖寺の中軸線に沿って下りていくと、次の所は崇聖寺の中心、つまり大雄宝殿である。大雄宝殿の両端には面積がやや小さい大殿が2ヶ所あり、それらはそれぞれ祖師殿と高僧殿である。

三殿の中で、取り上げられる甲斐があるのは大雄宝殿と高僧殿である。大雄宝殿はかねてから雄大さによってよく知られているが、崇聖寺の大雄宝殿は壮大であるだけでなく、少し特別なものもある。その特別なポイントは、大雄宝殿の仏像が他の場所と違って配置されていることにあるが、このような仏像配置は「大理国描画工張勝温画仏像巻」の「釈迦牟尼仏絵図」に由来しているという。

 

高僧殿と崇聖寺との関係は極めて深くて、「王室国寺」という名称の由来は高僧殿の「高僧」と分けられない。高僧殿内の高僧は大理国のここで出家した9人の皇帝である。

高僧殿を出て、中軸線に沿って降りていくと、崇聖寺の建物の最も多い位置に来る。十一ヶ所の観音殿、弥勒殿、天王殿、薬師殿、財神殿、鐘楼、鼓楼はみんなここにある。

 

 

「大理三塔」は、中国で最も有名な六大仏塔の一つである。三塔はそれぞれ一つの大塔と二つの小塔である。二つの小塔は大塔まで70メートル、等腰三角形のように分布している。三塔は混然と一つになり、広々とした空を睥睨している。

大塔は千尋塔といって、崇聖寺の前の約300メートルの所にあり、西を背にして東に向かい、やや南に位置し、平面・四角・中空で、重ね軒・十六階レンガ塔である。塔体は高さ59.4メートル、2階建ての台座は高さ3メートル、総高さは62.4メートル、塔刹を含む総高さは69.13メートル。輪郭は端正かつ淑やかで、外観は西安の小雁塔、登封の永泰寺塔、洛陽の白馬寺塔と同じ形をしている。

二つの小塔は北(南)塔とも呼ばれ、千尋塔から70メートル、平面・八角・中空で、重ね軒・十階レンガ塔である。北塔(南塔を含む)の塔体は蓮の花を彫塑されていて、闘碁・平座で、形式が多い塔型棚および団蓮、斜柱などを加えて、外観は軽くて華やかで、千尋塔の荘厳なスタイルと鮮明に対照している。

 

 

三塔で、崇聖寺で、大理は詩と未来があるだけでなく、その独特の文化もあることをもう一度証明されている。

本文综合整理自阅云南、网络

部分图片来自阅云南https://www.sohu.com/a/250962133_635182

图文版权归原作者所有

如果侵犯了您的权益

请联系我们删除或索要稿费

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省文化と観光庁 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省文化と観光庁
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: