Intaro
絶塵镜域 怒江大峡谷マイカー旅行のご紹介

怒江大峡谷で秘密の境である独竜江、人と神が同時に存在する丙中洛河、記憶の城である知子羅である。美しい自然な風景、外部にあまり知られない少数名族の特色の文化があり、外部の人を探検に引きつけている。でこぼこで険しい山道と峡谷、流れが急な河川は大峡谷が出入りする熱狂的なファンのあこがれる場所となっている。ちょうど少数の各種の祝日になると、異なる少数民族の文化を体験することができる。闊時祭り、刀杆祭り、仙、仙女祭は当日とても代表的な特色ある少数名族の文化祝日の代表である。 

コースのスポット

1、知子羅で遥かに遠い年代のイメージを感じる

2、丙中洛に住んで、人と神が同時に居住する

3、秘密の境の独竜江

4、深い感銘を与える怒江第一湾

5、「スイス小鎮」霧里村

6、美人の村で「美人がない」

7、桃の花島のユートピアの綺麗さ

8、途中で大峡谷の美しい景色を鑑賞できる

9、高黎貢山自然保護区

10、ふさぐロープの生活様式を体験する

 

お勧めのコース

六庫――貢山  249.7キロメートル(六庫―福貢  113.1キロメートル)

貢山――丙中洛河  36.7キロメートル

貢山――独竜江  99.7キロメートル

運転上の注意事項:怒江に沿って分かれ道が少ないが、、山道が曲がりくねって危なくて上り坂、下りる坂が多い、急カーブが多い。運転時、ゆっくりとしっかりしていること。運転歴10年以下の者は独竜江に入らないで下さい。

 

スケジュール

D1,六庫――知子羅――老姆登村――貢山。

D2、貢山――丙中洛河

D3、貢山――独竜江。(朝、貢山県城から独竜江行きへ、独竜江に入って新しい道路の場合は走行時間が3―4時間である。古い道路の場合は6―8時間かかる。山道で運転するのは簡単なことではなく、10年以下の運転歴の者は入らないで下さい。夜、独竜旅館や、独竜江郷ホテルに泊まってもいい。)

D4,独竜江郷で1日滞在する。

D5、独竜江――貢山――六庫(アドバイス:早朝出発したほうがいい。)

 

文化ポイント

ここに暮らしている多くの少数民族は、雲南省の少数民族の数量が最も多い地区である。多くの少数民族は各自の少数民像の文化を形成してきた。その中、少数民族の宗教信仰、祝日の祝祭日、祭祀活動を含む。リス族は万物は魂がある及びトーテムを崇拝するという自分の信条を持ってる。宗教は主にカトリック教とキリスト教を主なにする。闊時祭、風呂屋会、刀杆祭りは見逃さない祝日である。数量が多いリス族以外、怒江は独竜族、ペイ白族、プミ族、ヌー族などの少数民族がある。民族文化は怒江を訪問する時に体験しなければならない文化の盛大な宴会である。

 

重用な祝祭イベント

闊時祭り:リス族の最も盛大で厳かな伝統の祝日で、漢族の新年に相当する。以前、リス族が祝日を祝う日について、気候を観察して決定し、各村が祝日を祝う時間はそれぞれ異なって、一般に旧暦十二月初五~翌年正月初十の期間内、およそ1ヶ月ある。この期間に正にサクランボの花が咲く季節なので、毎年サクランボが花が咲く時はリス族の新年を祝う日である。

 

風呂屋会:いつも春が到来する時、雲南怒江峡谷に暮らしているリス族の民衆は、温泉の場所へ洗浴に行かなければならない。聞くところによると、既に百年余りの歴史を持っている。彼らは「春の入浴」が文明的、衛生的、神聖かつ純潔な行為と考えている。洗浴の人々は非常に礼儀を重視し、男女の間は互いに尊重する。一般は年長者が先に洗い、青年が後で洗う。男性は洗浴時、女性達は約束して一緒に食事を用意する。女性は洗浴時、若者達は背負いかごを背負って、深山の密林に潜り込んで薪を拾ったり、猟をしたりとする。

刃杆祭:雲南辺境輪馬山一帯のリス族の人民は1年1度の伝統の祝日である。時間は旧暦二月初八である。毎年のこの日、人々は祝日の立派な服装を着て、群れをなし隊を組んで「刃杆祭」の会場に来て、「上刃山,下火海」のイベントを観覧する。

 

砂浜で恋人を埋める:リス族が彼らのバレンタインデーの時に行う特色ある民族のイベントである。バレンタインデーは怒江のリス族の青年男女の社交性祝で日、リス族流行っている。祭り時期は旧暦の正月初四、初五という二日間である。

 

ヌー族仙女祭:また「生花祭り」ともいい、雲南省怒江リス族自治州貢山一帯のヌー族の人民の民間の伝統の祝日で、主に貢山県丙中洛郷のヌー族の集中的居住区で広く伝わって、毎年旧暦三月十五日に3日連続して開催する。慶祝活動は仙女の穴を祭ること、聖水をもたうこと、歌舞で幸福を祈ること、スポーツ競技を含む。

 

卡雀娃:独竜牛はよく天の祭りに用いられる。卡雀娃は独竜族の春節として、1年1回、毎年の1月10日である。「卡雀娃」が最も重要なイベントは牛で天を祭ることである。

 

尚旺節:洛本卓ペイ族郷の境界内に住んでいるペイ族支係のバーニー人の伝統の祝日で、毎年三月の第一ししの日を選び、バーニー人が来年天候の順調、五穀豊穣を祈る重要な祝日である。

 

「密期」:このイベントはきわめて盛大で厳かで、明け方に周囲の村のヌー族の民衆は祝日の立派な服装を着て、架究村で集まり、村の出入口にいる紅衛橋で入る前の酒1杯、同心1杯を飲み、ニワトリや羊を殺し、喜びの歌と笑いを楽しめる。初めの時、村の中の威信の老人或いは民間芸人から先に祭りをし、1匹の深紅の雄鳥を殺して、各所の神霊を営むみ、祝辞を献上する。

 

 

プミ族初物食べ祭:プミ族の民間で3年ごとに一回大型の小天地神霊の祭祀活動を開催して(あるものは旧暦三月初二、あるものは十月初八に開催される)全民族或いは全寨が共同主催する。その時一戸ごとに2頭の牛を捧げて、1戸ごとに1頭の羊(白い羊が一番いい)を捧げる。祭りの当日の明け方、先に牛を殺し、羊の頭の、心臓を諸道の天上の神を祭り、日の出の後、お経をあげ始める。祭典は時には3ヶ月を続けて、現在あまり多くない。

 

特色あるグルメ

怒江特産物漆油:漆の油(脂)で作られた料理で、その味はその他の油(脂)で作った料理食品と違い、独特な香りがあるため、慣れる人が食べてその味がとても非常に美味しいと感じる。

 

簸箕ご飯:煮た米とトウモロコシを使って火を通らせ、野菜、ジャガイモ、キノコ、焼いたチキン、豚肉などをかき混ぜて、大きい竹の箕に掛けて、食べる時、手ではしに代わって、箕の食物をとって、目の前の小皿のしょう油、ショウガ・ネギで作った調味料をつけて食用する。リス族人が新年を祝うグルメである。

 

杵酒羊:杵酒は水酒ともいい、リス族は「楞知」、「碟知」と呼ぶ、ヌー族人は時にはそれを飲み物にして飲む。

 

羊油酒:羊油酒は暖かくて飲みやすい、濃厚な香り、酒の味だけではなく、羊油の栄養がたっぷり、油がアルコールの含有量を薄めたため、酔わせにくい。

 

リス族軽食:香茅草焼き鳥、焼きブタ、粑粑、火塘豚、琵琶肉。

 

包谷砂粥:ト包谷砂粥はヌー族の主な食事の一つで、特殊加工によって作られたものである。食べると味は美しい、食欲を刺激して渇きをいやす。

 

くだく

酸竹料理;味は非常に美味しい、口当たりが良い、作られた酸っぱい竹の子は新鮮な竹の子を砕き、柔らかくなるまで打る。

 

竹葉料理:竹葉料理は氷と雪の魂の息から集めて作られたものである。春末夏初、氷と雪は解けて、竹葉料理は雪の消えられた足跡を追跡し、山の中腹からだんだん山頂まで出する。その味は苦しみの中で甘味があり、爽やかである。

 

同心酒:リス族はお客様をもてなす最高な礼儀作法で、怒江で観光客がもっとも好き、一番参加したい面白い特色ある観光項目である。酒を飲む時、3人は1杯の酒を飲む。レディースは右手でグラスをもって、左手が紳士の首をかき集めている;紳士は左手でレディースの左手をしっかりと握って、左足が1歩前に出て、弓の歩の半分を形成し、右手でレディースの腰をかき集めていいる;男女双方は頬擦りして、口は口に寄って、酒を主要な客の口の中に流れ込んで、共に美酒を飲む。

 

 

いい思い出

途中で怒江大峡谷、虎跳、飛来石、石月亮、怒江第一湾、桃花島、丙中洛、石門関、霧里村、茶馬古道などの観光地があり、撮影愛好者が常に滞在する場所である

独竜江に入る時、途中で独竜江の景色、高黎貢山の風景、人文の景観の紋様面女性を楽しめる。夜になると、老姆登で川と星の共生を撮影できる。知子羅は文革の年代の都市の古い画面を撮影できる。

 

家へ持ち帰ろう

怒江蕎酒:瀘水県白水川醸造工場で生産するメイン商品――怒江蕎酒。発売してからずっと消費者の愛顧を受けている。

 

弩弓:弩弓は古い時、鳥獣のを捕殺するために使われ、ヌー族が猟をする常用道具の一つである。現在、弩弓の実用的な価値がこの前よりそんなに多くないが、相当する収集と紀念の価値を持っている。

 

怒江草果:品質優良、輸入果物と同じくらい美味しい。食材として主要な補助材料である。

 

老姆登茶:老姆登茶は怒江両岸で産出し、全ての茶生産地で高山高海抜大峡谷での珍しい特色ある製品で、すでに自然な独占性市場競争力を形成し、怒江の特色ある特色の産業経済になっている。

 

老窝ハム:怒江の瀘水県の老巣郷で産出し、ハムの高級品である。そのの美味しさの秘密は主にトウモロコシ、緑野菜、野草を食べさせる田舎くさいブタ肉という原料を使うのである。

 

貝母(バイモ):現地の貴重な漢方薬の材料で、怒江の高黎貢山と碧羅雪山で産出する。これは二つの天然の漢方薬の材料の宝庫である。

 

毒竜毛布:男女とも皆麻布を織る――独竜毛布を衣服とする。技術が精巧で美しく、収蔵価値がある。

 

行きたいなら、行こう

 

记忆知子

怒江で、知子羅は忘れがたい場所で、ある時期の歴史を記録し、輝かしい歴史を持っている。1974年前、知子羅は怒江州の州府の所在地で、1986年前にもと碧江県政府の所在地である。知子羅は古いヌー族の集中居住地で、1920年の『知子羅地誌説明書』に「知子羅はヌー族人民が居住していらい、部落になってから、従来帰順し、トーストの管理がない」と記載された。1912年、中華民国の成立の年、雲南の都督府は殖民で進駐し、知知子羅殖民公署を設立した。1916年知子羅行政委員会公署に変更し、その後碧江設治局に変身した。1949年6月に碧江が解され、碧江県臨時政務委員会を創立し、知子羅がその時から敷地面積1550平方キロメートルの碧江県の政治、経済センターになっている。

 

知子羅を平和解放する時、1基の四合院(旧式の家)式の役所と2坊の個人の瓦ぶき家しかない、非常に荒涼としている。1952年に、怒江辺工作委員会が知子羅を創立した後、やっと本当の建設を始めた。60年代中期まで、知子羅は既に山に寄りかかって囲んで、各種の経済の文化施設がそろっている山地の都市になって、怒江地区と内陸を接続する重[FS:Page]要な交流センターになっている。1974年、怒江州の州府は六庫へ移り、知子羅は碧江県政府の所在地として、依然として発展する足並みを停止していない。

 

知子羅の都市は坂の上に建設され、見晴らしのきく有利な地勢を占め、視野が広い。その西北は「望江台」があり、台の上で八角亭が建てられ、あずまやに登って眺めて、三百里の峡谷は眼底に駆けてきて、盛観を呈している。天気が快晴で、雪の山頂に登って、更に一つの山(碧羅雪山)、二つの江(怒江、瀾滄江)の雄壮で美しい景観を見ることができる。

 

1986年12月、碧江川県は県を取り除き、知子羅も誰もいなくなる。10数年を経て、予言の中の災難は依然として発生していなく、当時の新しいビルはすでにがまだらになって、幾つかの村民はまた空き家に入居した。

 

特色村寨老姆登

怒江老姆登村子は怒江峡谷の沿岸にあり、この村落で昔のフランスの宣教師が建築した教会堂を見ることができ、そして今なお村民達が礼拝に来る。峡谷の中であっても、ヌー族、リス族、白族、漢族、チベット族などに居住し、彼らは圧倒的に多数がキリスト教の信条を信仰している。老姆登は名所の皇冠山を見ることができ、当時のラクダのこぶの航路がここを経由する。旅行時間は急がない場合、この村落に一泊して、少数民族の伝統的な生活を経験し、さらに星空の美しい景色を鑑賞する。

 

老姆登教会堂

日曜日ごとに(水曜日、土曜日夜8時にもある)、周辺の田舎のキリスト教の信者は集中的にここで礼拝に行って、敬虔に賛美歌を口にする。あ太陽と土壌の味の質素な人民にとって、神は彼らの心の中に住んで、彼らは呼吸のように自然で落ち着いて敬虔に歌謡を歌っている。村民はリス言葉で聖人の歌を歌って、リス族の文字も聖書の翻訳からのもので、ヌー族に使われている。

 

人神共同住居―丙中洛

丙中洛河は東へ迪慶州徳欽県に隣接し、南へ捧当郷を繋げて、西はミャンマーと接する独竜江郷、北はチベット林芝地区察隅県と接する。雲南西北の三大山脈(高黎貢山、怒山、雲嶺)という三つの川(怒江、瀾滄江、金沙江)は横倒しになる「川」文字の「三江併流」区を形成してきた。丙中洛河の美しさを見逃さない。その同時、丙中洛村で地元の人の生活を体験することができる。

 

 

怒江第一湾

全長1540キロメートルの怒江は青蔵高原から山と谷を通ってきて、雲南・チベットと境を接する所である雲南省貢山独竜族ヌー族自治県の丙中洛河近くに半円形の曲がりを回転し、怒江第一湾と称される。ここの江の海抜が約1700余りメートル、気力がみなぎっていて、派手でたおやかで、水勢が緩慢で、両岸の景色が良い。行き来する人は常に船乗りやロープで川を渡る。

 

桃花

桃花、この名前を聞いてあこがれる場所である。地元の言葉で扎那桶村と呼ばれ、怒江に囲まれているため、半島形になって、また「怒江第二湾」と語る。聞くところによると、島の上でモモの花が多い、毎年の三、四月、島でピンクがいっぱい、陶淵明の桃源境みたい、「桃花島」と称されている。

 

雾里

霧里は別名が翁里、五里、伍里で、丙中洛北10キロメートルの小さい村落に位置する。旅行者はここを「スイス田園風景」に評価している。霧里村はとても綺麗である。広い濃密な緑の中に、高い足の木楼がしなやしなやかに入り乱れている。

 

丙中洛—雾里

木楼の屋根、重なり合う石板は薄いグレーの光を屈折する。明け方に雲で覆われて、炊事の煙と一緒に世の中の仙境になる!

遥かに眺めると、山体で人工的に作った隙間は緑色の中でくねくねと続いて、かすかにほころびて、これは霧里行きの茶馬古道である;ひとつの石板での赤色文字「霧里人家」の赤色の矢じりに沿って、茶馬古道に足を踏み入れる;古道がでこぼこで、だだ1人だけ通行でき、山体の片側を貼って通行して、もう一つの片側に安全措置がない、足もとに断崖が険しい、怒江の水がもうもうとしている。

 

秋那桶

これは怒江大峡谷の北端の最後の村落である。朝紅橋の尼打担はを通過し、丙中洛―秋那桶朝紅橋の山を登ってから着ける。朝紅橋は1基のつり橋で、建造年代が比較的早い。山の斜面に沿って民家が分布し、ここに着くと、また北へ荷馬の一隊の小道しかない、チベットの察隅に直通できる。

秋那桶峡谷は怒江大峡谷全体のの精華の中の精華として、原始林が密生して、滝が多い、人は峡谷の中で通り抜けて、道中景色は非常に壮観である。

 

丙中洛—日の出の沈み

丙中洛の自然環境は珍しい壮観で、特殊な地理環境で丙中洛南の所で一日二回日の出、日の沈みという見事な景観を見える。

 

門関

丙中落台地の北端は大きな川を挟んでいる高黎貢山と碧羅ア雪山で、二つの絶壁が川辺から垂直に向ってまっすぐにし、500余りメートル、高さ200メートル近くの広い巨大な石門を形成してきた。怒江が石門から噴出して抜きんで、速く流れてくる。地元の人に南礼墙と呼ばれている。


「仏丙中洛国家レベル风景名勝

丙中洛は貴重な「仏光」を観覧することができる。観光地区全体は立体の気候で、冬で雪の景、春で野の花を観賞でき、秋で田園を行け、夏で河川を見ることができr。嘎娃嘎普雪山は1年中雪がある。

 

秘境独

独竜江郷は雲南省怒江リス族自治州北部の独竜江峡谷に位置して、中国とミャンマーの境を接する国境にあり、知る人がまれな隅である。ここの雪山が連綿と続いて、峡谷が高くて険しい、東岸の高黎貢山が世界への通路を遮っていて、西岸の担当力卡山は国境線の自然の障壁である。毎年10月から翌年5月まで、大雪は雪山丫口を密封し、世と断絶した場所になった。独竜江郷の正式名称は独竜江独竜族自治郷で、我が国の唯一の独竜族自治郷で、独竜族の主要な住居地である。独竜江郷に入る道の上で、綺麗な独竜江の風景と高黎貢山の風景を持ってている。

 

観光シーズン

1年中観光可能、異なる季節の美しい景色を見るだけではなく、地元の海抜が関係しているため、同一の場所でも1年中異なる景色がある。しかし独竜江に入るために何度も山を越えなければならなくて、毎年冬季11月~翌年2月に大雪は山道が閉ざされ、通行することができない。

 

ホテルの情報

嘎娃嘎普ホテル

住所:怒江貢山丙中洛河街

電話番号:0886-3581041

三江源農家飯庄

住所:貢山独竜族ヌー族自治県丙中洛河街67号

電話番号:0886-3581025

神竜レストラン

怒江貢山独竜族ヌー族自治県 怒江独竜江センター紫傲雪の隣

13578385180

鍋福城

怒江蘭坪ペー族プミ族自治県沘江路(農機具工近く場)

13988666596

江江小厨
怒江瀘水県六庫鎮穿城路185号

0886-3622036

 

宿泊の情報

库盛宝路ホテル

電話番号:0886-8881988

住所:怒江州瀘水県六庫鎮向陽路東路46号

六庫永楽大酒店

電話番号:0886-3628241

住所:怒江州瀘水県六庫鎮向陽南路103号

六庫シャングリラホテル

電話番号:0886-3629188?

住所:怒江州瀘水県六庫鎮向陽南路

怒江ホテル

電話番号:0886-3626888

住所:怒江州瀘水県六庫鎮穿城路331号(青山園の対面)

貢山通宝大酒店

住所:怒江州貢山県

福貢ホテル

住所:福貢県石月街

電話番号:0886-3412900

貢山峡谷大酒店

住所:貢山独竜族ヌー族自治県

電話番号:0886-3511666

洛嘎娃嘎普ホテル

住所:怒江貢山丙中洛河街

電話番号:0886-3581041

秘境独竜江ホテル

住所:貢山県独竜江普卡旺
電話番号:18869791888

 

自動車修理工場センター

怒江州仁傑自動車修理センター

住所:雲南省怒江州瀘水県六庫鎮江西庄房路70号

電話番号:0886-3626623

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: