Intaro
浴火再生の新シャングリラ

去年、火災でシャングリラの「月光古城」――独克宗古城が焼却されて、シャングリラはあらゆるものが廃れてしまい、興されるのを待っています。災難の背後が再生なので、シャングリラは再建中で新しい方向を探し、過度の形式を取り除き、本心に専心し、伝統的習俗、人文的精神を残して、両手で今までにない神秘的な風景を作りあげています。

古城ニュールック、本当のシャングリラ

シャングリラに到着した時、すでに深夜でした。 思いがけないのは、私達の住所が通常の意味上の輝いたホテルではありませんでした。一つ一つの酥油灯がチベット式の蔵書閣のような庁堂で閃いていて、室内の大型ティーテーブルの上に、巨大の石質茶海が置いてあり、向こうがネパール風の板戸で飾られ、、板戸の上に吉祥八宝の図案が刻まれています。康巴特色服飾を着ている礼賓係は、皆のために荷物を手配しながら、現地特産物の胡桃と蜂蜜を持ってくれて、その一瞬間に、私たちは旅路の疲れを忘れました。

他の所と違ったのは、ここに屋根バルコニー、地面花園などの様々な開放的なスペースがある以外に、門口に特に「小壇城広場」(壇城はチベット語での寓意が「心中の日月」です)が切り拓かれていることです。広場のチベット式楼閣内に一つの長明チベットドラムがあり、両側に6字真言が刻んである転経筒が並べられて、完全に地元民のために開放されるのです。 ここのほとんどの従業員は迪慶現地からで、現地文化を伝播する「大使」として、お客様にオリジナルな現地風情を見せ、心からの持て成しを捧げます。毎日、現地の手細工、伝統的に酥油茶を作るおばあさん、唐カード芸術教師はホテルの応接間で小型市場を形成し ...... そのように、シャングリラの一枚一枚の生活絵巻は、徐々に私たちの目の前で広げられ ……

逆道で行ける松讃林寺

松讃林寺を見物するには、逆道で行くことができます。寺右側の坂道に沿って徐々に山に登り、ラマ僧の宿舎を通し、山頂の宗喀巴正殿に迂回して見物し始めます。この1681年に落成したチベット仏寺は、「文革」期間に損ねられて、1980年になって再び修復し始められました。 釈迦牟尼正殿の壁画内容はかなり豊富で、若い釈迦牟尼が素手で象を挙げ、矢を射して銅銭を通すクラッシクな画面が目の前にあります。

チベット人はここに来て、経筒を回し、頭を叩き、および白塔内で松枝を添えます。 松讃林寺から出て、焦って離れないで、門口の近くの拉姆央措湖へ行って自分の倒影を見てください。 首を伸ばすと、野鴨と白鳥は速やかに君の身の回りに泳いできて、ガーガーと叫んでいて、それらは皆チベット人が市場から買ってきて放生したものです。

もう一つの松讃林寺参拝方法はその裏山の松讃林卡ホテルに泊まることです。大面積のガラス窓の外は、松讃林寺の金色屋根が日光下で輝き、白い壁に引き立たれていて、壁の下で何人かのラマ僧が緩かに歩いていて、寺辺の耕地でパニアを背負って労働していて、静かで神聖です。 伝統的チベット式建物が新型旅館に築き変えられるに当たって、嘗て中央テレビ局でドキュメンタリーを作た松賛林卡ホテルの主人白瑪多吉はわざわざと蔵寨規格、彫刻模様、装飾を探し求め、そしてそれらを特色逸品ホテルに変えようとしています。 「ここは私の故郷で、ここにはとても特別な文化がありますが、観光事業の発展によって徐々と消えているので、観光客がホテルで覚めると、シャングリラにいるのを忘れるかもしれません。したがって、松讃林卡ホテルはある縁を提供して、私のチベット文化へ理解を表そうとするのです。」と

見逃してはならないのは、また、白鶏寺の日見の旅です。 旅路中、美しい自然風景以外に、最も魅惑的なのは数えられない五色布に積み重ねられた経幡陣で、山口または神聖な位置にあり、風が吹くたびに、祈り文が読まれます。ここでは、路上の風景は終点よりずっと忘れがたいです。

尼西黒陶村

「消えた地平線」によって、 私たちは「シャングリラ」を知り、「舌で味わう中国」によって、私たちは「尼西地鶏鍋」を知っています。 しかし、シャングリラは永久、平和、静かな美景があるだけでなく、尼西地鶏鍋のうまさはその地鶏のためだけでなく、その背後に1つの国家級非物質文化遺産―――尼西黒陶が隠れていることを知っている人はめったにいません。

尼西湯堆村はシャングリラの一つのチベット族田舎で、昔の茶馬古道の唯一の通路でした。シャングリラの豊かな地区にありますが、尼西湯堆村は不毛の乾熱河谷地帯に位置して、気候の影響のため、ここではただ裸麦、小麦、トウモロコシ、ジャガイモなどの簡単な食糧用作物しか育たないで、他の経済作物はここで育ちにくいです。

裸麦粉に酥油茶を入れ、チーズと砂糖を加え、指で混ぜ、均一に揉み、生地に握ぎます。地元民はそれを糍粑と呼んで、口に入れると、うまくて柔らかいです。

尼西湯堆村のチベット人は従来して1つの古い手芸―黒陶工芸を踏襲してきました。春秋戦国時代から伝わってきた黒陶工芸は全体の村落の主な生活費出所としています。

第5代継承者の扎西培措さんは全体の陶器製造工程を見せてくれました。それは尼西湯堆村の特別な三種類の赤色土で特定の比率によって調合され、干した後、藁で焼成されたものです。その黒い色は完全に焼成過程で染められたものだそうです。成形はただ一枚の平らな板の上で操作するだけで結構ですが、ローター不使用は、その1つ大きな特徴です。

黒陶製作の見学が終わった後、現地のチベット人たちはもう門外の裸麦を晒す棚下でかがり火を焚いて、現地特産物のチベット豚、雑種牛肉を用意して、黒陶でチキンストックを煮て、また、現地高原製品のA3ドライホワイトワインを合わせて、その他の村びとも自制の裸麦を持ってきました。これは久しぶりの純朴で本質的な感情洗礼ではないでしょうか。

 

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: