Intaro
プーアル市は中国で最も投資潜在力のある観光目的地TOP20という称号を獲得

近日、「国家人文歴史』雑誌社に主催され、人民日報社に指導され、大地風景文化観光グループに共催される2018中国観光風景大会及び中国観光目的地革新と協力フォーラムは北京で開催された。オンライン投票、専門家の評価によって、中国で最も投資潜在力のある観光目的地は選べられて、プーアル市が幸いにトップ20にランキングされた。

 

 

近年来、プーアル観光は市委員会、市政府の高度重視および省観光開発委員会の関心と指導の下で、著しい発展と進歩を取った。プーアル国家公園犀牛坪観光地、佤山秘境リゾートホテル、茶馬古道観光地など多くの観光プロジェクトは完成された。茶马古城観光鎮、西盟佤部落観光地、熙康云舎、景邁芒景観光地、プーアル象山国際生態養生リゾートゾーンなどの観光プロジェクトの建設は盛んに実施されている。A級観光地の建設は新たな進展が見られ、4 A級観光地が3ヶ所、3 A級観光地が5ヶ所建設された。金洲、東軟、柏聯などといういくつかの有名な企業をプーアルに定住して投資興業するように導入し、産業チェーンは観光地、温泉、ホテル、レジャー、スポーツ養生、観光不動産などを含んでいる。中国モウ康ポート—ラオス蘭山堆ポート限定地域の観光プロジェクトをオープンさせ、プーアルからラオスまでの多国境観光ルートを開通し、国境観光コース「ゼロ突破」を実現した。田舎観光の建設はやや効果が見られ、瀾滄老達保村、寧洱那柯里茶馬宿場、西盟博航村などといういくつかの観光村落は魅力が見えてきた。観光商品の開発力を増大し、プーアル茶荘園、コーヒー荘園、レジャー農業荘園、バイオ医薬品荘園など20箇所の荘園観光プロジェクトの建設をよく実施し、企業に摘み、制作、体験をコンテンツとする「荘園+観光」という新業態を作り上げるように指導している。相前後して「プーアル—成都」、「プーアル―重慶」などの航路を開通し、省外直航の「ゼロ突破」を実現した。瀾滄景邁空港の竣工・通航のよって、プーアル市は4目の「1市2空港」都市になり、観光航空市場の成長勢いが強い。観光市場の秩序整備は着実に行われ、観光市場監督管理は厳格に実施し、標準化建設は突破を取られ、観光市場の秩序は規範的になっている。

 

 

これから、プーアル市は引き続き観光産業の成長短所を狙い、問題を指向とし、全面的に改革を深化させ、着実に「観光+」を実施し、積極的に全区域観光の発展を推進して、プーアル市を雲南観光の新しいハイライト、全国スポーツレジャー養生観光の目的地、国際的観光リゾート養生基地に建設しようとしている。

 

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: