Intaro
西双版納—シャングリラ茶馬古道

前書き

中国西南部の高い山と険しい峰の間で、くねくねと続いていて、全く人とロバ、馬が踏んでなった古い道があり、その道は雲南、四川からチベットに入って、ずっとネパール、インドまで延びて、西アジア、西アフリカ赤い海岸に到着する。千百年以来、群れをなし隊を組む荷馬の一隊はここから歩いたことがあり、お茶をチベット区に売って、絶えないお茶の香を残した。

一言でまとめたら

中国の最も綺麗な高速道路

自分の目で「アングリーバード」を見る

心が感動させる山水のラブソング

金滇南の上流にうずくまって、パ蜀の要塞を通じる

再び茶馬重鎮に出会う――麗江

 

お勧めのコース

1. 緑三角の旅(西双版納―プーアル):景洪市―瀾滄県―孟連県―西盟県

    DAY1:景洪市―野象谷―基諾山寨―原始森林公園―勐泐大仏寺            

    DAY2:景洪市―曼飛竜白塔―瀾滄江漂流―景洪市                          

    DAY3:景洪市―曼聴公園―西双版納総仏寺―タイ族園            

   道路状況:市街区内の道は広くない。車の流量は多い。減速徐行すること;野象谷行きは高速道路で、道端の交通標識に注意してください;タイ族園行きは二級の道路で、アスファルトの路面、道路状況がよい、フェンスがないため、安全運転に注意してください。

    Day4:景洪市―瀾滄県城―恵民観光小鎮―景邁芒景観光地

    Day5:瀾滄県城―拉祜風情園―南嶺勐炳竜塘老寨(拉祜古村落)

    Day6:瀾滄県城―酒井老達保民族特色観光村(快楽拉祜唱响の所)

    Day7:娜允古鎮―孟連大金塔―孟連宣撫司署―孟連県城

道路状況:各名所は市街区域から比較的近い、通行人と対面の車に注意してください。

    DAY8:孟連県―孟連大榕樹―広傘愛伲風情園―孟連県

道路状況:省道と県道は主とし、通行人と対面の車に注意してください。

    Day9:孟連県―西盟県―勐梭竜潭―翁丁佤族原始部落

 

2. プーアル―臨滄:西盟県―滄源県―雲県   

   Day1:西盟―滄源県―広允緬寺―滄源県城を許可する

   Day2:滄源県城―翁丁寨―滄源県城

   Day3:滄源県城―雲県―雲南ミャンマー鉄道の遺跡―茂蘭鎮

   道路状況:主に国道G214で、通行人と対面の車に注意してください。

 

3. 临滄-大理:雲県—南澗—巍山県—大理

    Day1:茂蘭鎮―南澗県―石洞寺―霊宝山―桜花谷(無量郷徳安村の近く)

    道路状況:小軍庄の十字路から旧214国道の景東行きに入る。環状線の場合、沙楽から落底河までのは高くて険しい山道である。

    Day2:南澗県―巍山県―巍宝山―大小寺―南詔古鎮―蒙陽公園

    Day3:巍山県―大理―海東鎮―挖色鎮―洱源県

    Day4:洱源県―鳳羽古鎮―大理地熱国

    Day5:大理地熱国―沙渓古鎮―石宝山―剣川県

    Day6:剣川県―剣湖―千獅山

    道路状況:主要な道路は214国道、県道で、路面の状況が良好である。

4. 大理-シャングリラ:大理(古城)—洱源县—剣川県—麗江—シャングリラ

    Day1:徳欽――金沙江第一湾――白茫雪山――東竹林寺――飛来寺

    道路状況:全行程182キロメートル、夜に飛来寺に泊まり、2級路面、道路状況が普通である

    Day2:茨中教会堂――叶枝土司役所衙署――寿国寺――小維西教会堂

    道路状況:朝徳欽から出発し、夜に維西に泊まり、全行程205キロメートル、遠いから休みを十分取ってください

    Day3:キンシコウ国家公園――達磨祖師穴――普達措国家森林公園――独克宗古城

    道路状況:維西から出発し、夜にシャングリラ県城に泊まり、全行程72キロメートル、道路状況が普通で安全運転に注意してください。

 

文化ポイント

1.西双版納

グルマ以外、改めて文化の版納を発見する。ここは「章哈」曲、大鼓舞と象脚鼓舞があり、小さな声でタイ族の伝奇的なストーリを訴え、タイ族の美人の1「梭」一線で織ったタイ族のスカートがさらに十分に貴重なものである。その外、タイ族の文化の「百科全書」のという貝葉経がある。

2.プーアル

聞き慣れていて詳しく説明できるプーアル茶の製作技巧以外、プーアルのもう一つの魅力はラフ族の芦笙踊りで、きらきら光って煌びやかで美しいヒョウタンの神話と芦笙の歌い踊りは歌も踊りも上手な拉福民族を作る。人々は祝祭日、冠婚葬祭の時、常に徹夜で止まらないに歌い踊る。

 

3.臨滄

臨滄ときたら、必ずワ族の髪振り踊りを思い出し、ワ族の文化で木鼓舞も同様に非常に盛大である。ワ族の神話『司崗里』でワ族の婚姻史を記載した。翁丁村ワ族の伝統文化保護区で、伝統のワ族の特色の建物と家庭の手作業の技巧を見られる。

 

4.大理

大理は肥沃な土地である。ここの最も有名なのはペイの札染と繞三霊である。三月街の時に、ペー族の人々は街頭で歩いて、堂々としている市場へ行く人の群れは非常に壮観だである。南澗イ族の跳菜、巍山イ族の打歌がとても面白い。

 

5.麗江

麗江はトンパ文化の地と言え、トンパの絵、ナシ族の热美蹉、白沙细楽が、すべて軽声でナシ族の理想的な世界を訴えている。

 

6. シャングリラ

リス族阿尺目刮:「ヤギの歌舞」を意味し、大衆が楽しむ舞踊である。その特徴は楽器を使わず、終始歌を歌いつつ歩いて舞い始める。

 

重用なイベント

1.西双版納

版納ときたら、最初のイメージは毎年4月13―15日の溌水節で、実はタイ族の「非誠勿扰」―丢包祭りがある。版納自然博物館と民族博物館中で独特な熱帯タイ族の文化の景観を観賞することができる。夜に「瀾滄江・メコン川」の文芸公演や「勐巴拉娜西」集いも面白い。

     

2.プーアル

ラフ族はヒョウタンの中から出てくる民族で、毎年4月8―10日は重要なヒョウタン祭である。4月に神鱼魚祭りや木鼓祭りもあって、いっしょに魚を捕まえ、太鼓をたたくよい機会である。春節のプーアルは多い民族のイベントもある。西盟ワ族博物館で、ワ族の文化を探ることができる。                                        

 

3.臨滄

ワ族司崗里摸你黑カーニバルで勝手気ままにし、来年の順調を祈る。雲県瀾滄江ビールカーニバルは途中の皆さんためにに歓迎会を開く。狂喜あとで、雲南ミャンマー鉄道の遺跡と新しい石器遺跡を経験して、歴史の不思議をを味わう。

 

4.大理

1回の「跳んでいて料理を出す」の南跳着上菜イ族の料理を食べて、盖瓦萨哑巴踊りを鑑賞して、灯会で散策している。必ず巍山軽食祭を見逃さないでください。6月のペー族繞三霊、8月の松明祭、また何時でも見られる『希夷の大理』があり、にぎやかさが好きなら、必ず大理の肥沃な土地を見逃さないでください。

 

5. 麗江

7月半分は古城の川で灯篭を流し、正月に棒棒会に参加し、三月に三朵祭を見て、10月に音楽祭で存分に遊ぶ。麗江にきたら、必ずナシ古楽を聞き、麗水金沙を見らなければならない。或いはナシ拱坝文化博物館と茶馬古道博物館で改めて麗江に出会う。

 

6. シャングリラ

チベット族は最も盛大で厳かな祝日がチベット暦年であり、チベット族の文化を経験する他の方法はチベット族への家庭訪問である。端午の時、シャングリラで競馬に行く。チベット族自治州博物館は、迪慶紅軍長征博物館、曼扎亚唐卡博物館で、チベット族の生活と信奉を経験するいい方法である。

 

特色あるグルメ

1.西双版納

ここはまったく美食の天国で、香茅草魚焼き、パイナップルご飯、酸笋鶏、南泌、竹筒ご飯、包焼……どれでも人を喉から手が出させる。

 

2.プーアル

プーアルに来て必ず茶吃鶏を食べなければならない。茶葉饭、凉茶拌飯はすべて独特な主食で、血拌肉、瀾滄鶏は更に美味しい。プーアルでテーブルのいろいろな花を見て、必ず味わわなければならない。西盟の美食で、怖いものはあるが、すきまの中の米蕎、酸アリ、羊乳果、蘸水稀飯、每押があり、酸っぱく酸っぱい甘い甘い味がある。

 

3.臨滄

饕餮盛宴――佤王宴、雲県の旺子米線、ハムカリン鶏、馬打滚、涌宝ハムはすべて必ず食べなければならない料理である。もちろん臨滄はニワトリを食べる習わしもある。白品鶏は調味料をかけて、もっと美味しい。

 

4.大理

大理に来て、食べてでぶになった。南澗油鶏枞、巍山扒肉餌丝、大理の海稍魚、乳扇焼き、喜洲粑粑、剣川の土八碗、油炸地参、母子相会湯……途中で食べている。

 

5.麗江

麗江に来て、必ず鶏豆凉粉と米灌腸を食べなければならない。酸梅湯を飲んで、麗江粑粑を食べて、離れたくないか。

 

6. シャングリラ

チベット族の1日の飲食を食べて、バター茶、ヨーグルト、ツァンパ、チベット式火鍋、荞粑粑、琵琶肉、全ては人を引き付けている。

 

いい思い出お勧めの撮影地

1.西双版納

[FS:Page]

熱帯花卉園の彩り豊かで美しくて雄大な熱帯降雨林の風景、中国科学院植物園で非常に不思議な植物のミクロ世界以外、野象谷で野性の自然な象もとても面白い、原始のものに近くなる。実には、版納は至る所で美しい景色で、絹織物を着るタイ族家の娘、どこにも見られる吊脚竹楼、色の入り乱れている酸っぱくて辛い美食、綺麗な座っている仏の姿、最大に撮影愛好者の要求を満足させることができる。

 

2.プーアル

プーアルときたら、お茶をよく言うだろう。、プーアルも別のところのない美しい景色もある。南垒河に沿って北から南まで私達が1つ1つ観光する。河辺の最近の大きな町は娜允古鎮で、カメラで昔の官吏の住宅を見る。仏寺が好きな観光客は、下城大仏寺と中城仏寺を見逃さないでください。上へ歩いて、孟連宣撫司署を撮影する。またお茶を飲んで、景邁茶山雲海の境に進み、冬が来ると、必ず素手で手ぶらで帰ってこない。

 

3.臨滄

滄源の亜熱帯林の先史の植物と崖の上の文明的な遺跡を撮影する。最もおもしろいのは)山があり、さわやかな気風がある山の人民である。老翁丁部落の原始は本当に鉄筋・セメントの都市の心を感動させることができる。屋外好きな人は南滾河の多くの亜熱帯の秘蔵の宝物と班列の滝を享受することができる。

 

4.大理

大理の美しい景色はごく短い字がどうしてはっきり言うことができないだろうか。南澗は冬で新しく生まれる桜、大理古城の明け方の静謐さ、三塔の厳粛さ、洱海湖辺の水と木、小普陀の光浴び、漁民の舟を浮かべる洱海、沙渓の快適な生活、カメラで一番撮りたいのは最も普通なの日常ある。祝日の中の大理は明らかに異なって、三月街、繞三霊、松明祭、活発な大理を楽しんでください。

 

5.麗江

かなり有名な玉龍雪山以外、よく写真を撮影するあなたに、桃源郷の山頂の草原、観音峡の観光地区を勧める。最もナシ族の民族の風習を感じることができる。太安郷は6―9月に色とりどりのジャガイモの花と金色の菜の花が満開し、カメラマンの天国と言ってもよい。拉市海は夏になると湖があり、冬になると渡り鳥がいる。

 

6. シャングリラ

雄大な独克宗古城、この時から人々の記憶と写真で記録されている。「小さいポタラ宮」の松賛林寺も叩頭と撮影の良い場所である。一生撮影しても、よく撮影したと思わない普达措、蓝月山谷は、その景色が名前と同じように美しい。5―9月花が咲く季節、シャングリラが麗江へ214国道で走って、異なる色の景色を見ることができる。美しい狼毒花はカメラマンが追求する美しい景色である。

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: