Intaro
これらの村を見てこそ、自分は確かに雲南が分からないと気がしました。

雲南へ観光に行く場合、ホットな観光スポットへ行って混雑を体験する必要があるのでしょうか。これから、編者の私のお勧めする十大の特色村を見てください。必ず君に翼を連ねて飛びたいと思わせ、腕を振るいたくて勇み立たせるに違いありません。

 

タイ族村

磨歇村は雲南省シーサンパンナ勐腊県尚勇鎮尚岡村委員会に属して、平野と山間の中間地区にあります。 中国・ラオス辺境のタオ族村は大地霊気を採って、川のエキスを吸収することが得意です。 ここは美景以外に、グルメもあります。 シーサンパンナのタイ族村で、もし足どりを緩やかにしなければ、味の独特で、忘れられないタイ族料理を失うかもしれません。 これはきっと過程でグルメを解釈し、時間が掛かって感じる不思議な舌先の旅であるに違いありません。 タイ族料理を食べたことがある人は少なくないはずですが、本場のタイ族料理がどのように作り上げられるのか知っているのですか。

 

佤族村

翁丁は、佤族語で「雲霧が纏わった場所」と意味しています。翁丁村は滄源県中西部の一つの佤族群居村落で、翁丁大寨は翁丁村の中心で、97戸500人あまりがあって、すべてが佤族人です。周りの自然景観が美しくて、民族風情が濃厚で、翁丁寨は原始の佤族民居の建築風格と原始の佤族風土人情を残されていて、今まで最も完全に保存されている原始的群居村落で、臨滄人文風情観光の不可欠な観光スポットです。

 

拉祜族村

老達保村は茶山に囲まれていて、空気に薄い茶の香りが溢れています。 村に入ると、地味で優雅な干欄式家屋、花果樹間で飛び舞った蝶、掌屋展台の上で割り竹を編んでいる老人、村道で走っている裸足子供 … … 何でも老達保村の親切さと安寧さを感じさせています。老達保村は雲南省瀾滄県酒井郷に属します。 近年来、瀾滄県は「拉祜文化興県」の戦略を実施して、民族文化を掘って保護する基礎の上に、強力に文化産業を開発して、かなりの効果を取得しました。老達保村は文化建設の最も代表的な村です。

 

チワン族村

壩美村は雲南文山州広南県北部の八達郷と阿科郷の境目にあり、山に囲まれて、道路が通じていないで、村を出たり、それに入ったりする時に、主に村前村後の二つの天然石灰溶岩水穴を通さなければなりません。村びとたちは岩壁に手を触れながら水を歩き、竹筏か丸木船を漕ぎ、ボートに乗り、何キロかの長くて暗い水穴を通さなければ、出入りすることができません。壩美村は長期にわたって外部と隔絶されて、閉鎖半閉鎖の状態にあるのです。

 

漢族村

騰冲の銀杏村は嘗て映画「侠客」のロケ地です。「村は林に、林が村中にある」という自然風景で有名です。毎年の晩秋に、屋前屋後は、黄色の葉が飛び回っていて、非常に美しいです。銀杏村は雲南省保山市騰冲県固東鎮にあります。銀杏村は旧名が江東村で、著名な騰冲国家火山地質公園、柱状節理などの観光スポットと隣接していて、騰冲県まで40キロです。

 

ナシ族村

玉湖村は現地の湖「玉湖」によって名付けられて、ナシ族語で「烏魯可」と称されて、「雪山足下」という意味です。 玉湖村は隣の玉龍山によって「雪嵩村」という漢民族名前もあります。

 

独龍族村

独龍江は独龍族唯一のコロニーで、約5千人あり、孔当村が独龍江の中流にあり、上流の献九当、龍元、廸政当はチベット察隅に近くて、寒くて乾燥していて、木塁屋を主としています。 下流の巴坂、馬庫はミャンマーのすぐ隣にあり、湿度が高くて雨が多くて、ほとんど割り竹屋です。 今、残っている三十数人の紋面女は、最も若いのがもう還暦の年で、ほとんど独龍江の険しい連峰の中に分散居住していて、年が高く体が弱くて、めったに外出しないで、君は孔当村に行くと、彼女らに会うことができます。

 

白族村

梨園村は洱源県茈碧湖鎮海口村委員会に属して、108戸、454人あり、原住民族が白族です。村中には一万株ぐらいの古梨木があり、民居が梨木の間では互いに引き立て合っているので、「梨園村」と名付けられるのです。茈碧湖ダムの調節によって、春・冬は晴れが多くて、夏・秋は曇りが多くて、気温が暖かいです。蒼洱国家級景勝地の茈碧湖北岸の湖畔に位置し、大理地熱国と湖を隔てていて、喧騒から遠く離れているので、静かで、鏡のような湖と青々した山が相映っていて、「世外梨園」とも称され、全国農業生態試験地の一つで、雲南省の重点に建設する28の国家文化生態村の一つでもあります。

 

 

ミャオ族

雲南威信南東から40キロの所に、300年余りの歴史のある省級国家文化生態保護村――水田郷湾子苗寨があります。湾子苗寨は城塞式の古苗寨で、その生態環境が美しくて、ミャオ族風情文化が濃厚で、独特な自然景観と歴史人文景観は比較的に多いです。古めかしくて神秘的な500年サルスベリ、400年あまりの風霜を経ても堅固に直立している「人」字型の古い石垣、城塞式石垣平台の上に建てられたミャオ族先祖屋、神秘的な「仙人塘」、独特で魅力的な湾子飛滝などがあります。代々と湾子苗寨に居住している20戸の陶氏家族は全部ミャオ族で、そのミャオ族風俗、伝統的祝祭、服飾、歌舞、手細工などの民族文化がここで完全に残されていて、まるで「ミャオ族文化活化石」のようです。

 

 

プミ族村

羅古箐は蘭坪県通甸鎮徳勝村の一つの自然村で、、蘭坪県プミ族集団居住規模最大の自然村の一つで、羅古箐景勝地に位置して、自然風景が独特で美しくて、プミ族伝統的文化が比較的に完全的に保存されていて、人文風情がユニックで、観光潜在力が大きいです。 (雲南画報/図説)

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: