Intaro
プーアル熟茶の前世今生

熟茶の雛形

熟茶の最も早い雛形は水掛け茶である。

50年代後期に、中国茶葉有限公司広東公司は茶葉を香港に輸出する時に、潮水で劣化技術を使用し始め、

60年代に、雲南から毛茶を調達して調合し、その他の地域へ水かけで劣化させてから輸出し、

70年代初期に、中国茶葉有限公司雲南省公司は輸出入権を取得して、消費需要を調べた後、人を広東へ見学に派遣して、

1975年に渥堆晒靑毛茶発酵技術を統一した。

 

ここになって、プーアル熟茶時代が正式に開始し、

70年代後期に、後発酵の概念が現れた。

区別するように、輸出されるプーアル熟茶は「プーアル茶」と指定されているから、

今まで、プーアル熟茶技術の定型化は実はほぼ40年しかない。

 

プーアル茶のスープカラー:左は熟餅、右は靑餅。

2003年雲南省地方標準によって、

プーアル茶は雲南省の一定区域内の雲南大葉種晒靑毛茶を原料とし、

発酵加工後の散茶や緊圧茶で、

その外色がブラウンレッドで、スープカラーが濃くて明るい。

 

 

プーアル熟茶の本質は劣化技術である。

プーアル茶は長期間の貯蔵後、性質が相対的に温和になり、味がまろやかになり、香りが魅力的である。

劣化技術は摘まれたばかりの毛茶に味、効果から老生茶の特徴を備えさせることで、

新しい生茶が即時飲用に不適切な欠陥を補うのである。

 

もし貯蔵時の変化過程を加速する方法があれば、経済効果からにしても、プーアル茶の飲用価値からにしても、大きく向上することができる。

プーアル茶の生産と経営実践では、商人たちは水掛け加温という方法によってプーアル茶を急速に劣化させ、老生茶に類似する効果を達成する。

このプロセスは、実に文字通りの劣化技術で、

長期の進化を経て、プーアル熟茶の製造プロセスになってきた。

 

渥堆発酵は数十年もの絶えぬ革新発展を経て、

今になって、成熟的かつ安定的な発酵方法があり、

そのコアも国家の機密技術になっている。

劣化技術は、プーアル茶の劣化時間を短縮したばかりでなく、

大量の微生物が渥堆に参与して、内容物を徹底的に変えられた後、いくつかのさらにプーアル茶の品質を代表する物質が際立って、保健効果のかなり良い熟茶になってきた。

 

養生の盛んな時代では、プーアル茶の需要が日増しに増大してきて、

熟茶は再び消費者の視野に入り、

一つの長く期待している熟茶時代は迎えられている。

 

(当文章の内容は心茶館及びネットワークから)

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: