Intaro
シャングリラの秋冬観光で覚えなければならない8つの知識袋

シャングリラは人々の心の世外桃源で、秋・冬にシャングリラへ行ったら、どうですか。こんな時に、シャングリラは観光に適合していますか、シャングリラは寒いですか。 シャングリラは世の中にめったにない自然生態と民族伝統的文化を完璧に残している浄土で、従来して「高山大花園」、「動植物王国」、「非鉄金属王国」という美称があります。 冬にシャングリラへ行ったら、どうですか。実は、シャングリラは、年がら年中、観光に適合して、秋・冬のシャングリラはさらに美しいかもしれません。

シャングリラ秋・冬の観光心得:

1、シャングリラでは、5~7月と9~10月以外に、迪慶の雨季で道路状況が良くなくて、観光に不利です。 冬のシャングリラは、気温はとても低くて、もし雨が降れば、待たなければいけないで、雪後の山道は歩きにくいです。

2、冬にシャングリラへ行くには、コート、ダウンジャケット、手袋、滑り止め靴を持参するとお勧めします。 気候が乾燥し、紫外線の放射が強くて、女の人は日焼け止めクリーム、日除け帽子、サングラスを用意しておき、特に10月以降の場合、さらに十分に暖かい衣服を持たなければなりません。

3、標高の高い地区では、激烈に運動したり、飲酒したりしてはいけません。高山病を防ぐために、野菜、果物を多く食べる方がいいです。

4、もし特別な原因がなければ、一般的な郵便サービスは迪慶のいかなる郷でも完成できますが、ただ時間がある程度で違うのです。 シャングリラ県都内では、郵便通信が大都市とほぼ同じに完備しています。 しかし、交通不便な地区だったら、普通、2日だけで送ることができる郵便物は、そこで5日またはそれ以上の時間がかかるでしょう。

5、梅里雪山は連続的な雨天後の初めの日出はよく極めて美しくて、朝霞が空に一面に広がり、雲霧が自由に動いて、まるで仙境のようです。 夕方の空いっぱいの赤い雲、または、雪嶺上の金色の光暈はめったに見ることができないものです。 虹は言及される価値があるものです。雨季の場合、夕方によく虹を見ることができ、この頃、もし飛来寺では、振り返えて南東に向いて撮影する必要があり、虹の位置は一般的に徳欽河谷の上にあり、背景は白い瑪雪山です。霧濃頂では、虹が河谷に横たわっていて、背景がちょうど梅里雪山で、もし上が虹で下が霓であれば、それはまるで霊山の贈り物のようです。

6、現地の特産物は干しヤク肉、チベットナイフ、及びチベット薬です。干しヤク肉は多く黄牛の肉で作られたもので、味がずいぶん違っています。 もし本場の干しヤク肉を買いたいなら、現地の大型スーパーマーケットへ買いに行ってよくて、そこの価格がかなり合理的です。

7、もしお体が比較的に弱ければ、ホテルで小型酸素タンクを借りなければいけません。大きさが空気清新剤とほぼ同じで、また、チョコレートなどのカロリーの高い食べ物を用意しておかなければならないで、高原地区ではこれらがなくてはならないものです。 また、服は十分に持たなければいけないで、シャングリラは年がら年中、気温がわりに低くて、特に雪山で遊ぶ場合、さらに需要があります。 なお、雪盲症を患わないように、サングラスは同じく欠いてはなりません。

8、5~7月の春末夏初、9~11月の秋冬季節はシャングリラ観光の最適なシーズンです。 (終わり)

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: