Intaro
「ミニ汽車」に乗り、建水でゆったり とした生活を体験

建水の静かさが好きで、静かに臨安城の古朴な自然景色を見物したい人があり、建水のグルメが好きで、建水の焼き豆腐の舌先にとどめる味蕾体験を楽しみたい人があり、建水の文芸が好きで、紫陶街でぶらぶらしたい人がある。建水の美しさは味わわれる「ゆったりとした生活」にあるが、このようなゆったりとした生活を体験するには、必ず適切な交通手段がなければならない。ミニ汽車はかなり良い選択になる。昆明から出発して汽車に乗って3時間ぐらいで建水に着くことができる。

建水に着いたら、また、引き続き「建水古城ミニ汽車」で建水を観光することもできる。「百年前のミニ汽車に乗り、千年前の時代を越える」というのも建水観光の「必修科目」となっている。ごっとんごっとんとしたミニ汽車に乗って、ふらふらしている木車両の中で、途中の田園風景を楽しみながら、子供のころの思い出を話している。

建水城ミニ汽車とは、建水臨安駅から団山民居へのメーターレール観光列車を指して、2015年5月1日に公式に始業した。雲南メーターレール鉄道は以前の雲南 - ベトナム鉄道、個碧臨屏インチレールなどの鉄道から変化してきたものである。3世紀も超え、100年以上も運営してきて、中国、フランス、ベトナムの3カ国の特別な歴史を記憶してきて、重要な世界的な歴史文化資源とされている。建水城ミニ汽車は昆明鉄道局と建水県の投資によって沿線の駅を修繕され、観光列車に必要な機関車、車両、路線などの施設設備を整備、補修されたものである。その上、沿線の駅景観、観光スポットができて、個碧臨屏鉄道は一新になっている。

建水臨安駅から団山行きのメーターレール観光列車の運営路線は、建水東から団山民居までとし、建水古城東駅から出発して、全距離が約13キロ、臨安、双竜橋、郷会橋、団山という4つの駅が設置されていて、1時間ぐらいかかる。この観光メーターレール鉄道は、かなり高い歴史的・文化的価値があるだけではなく、鉄道周辺には多くの自然景観や歴史文化資源もあり、途中には田園農耕風景ばかりでなく、建水のユニックな古橋古寺古楼など多くの文化遺跡もある。乗客は列車で途中の田園風景を楽しむことができるだけでなく、双竜橋、団山民居などの有名な観光地へ行って観光することもできる。

観光ミニ汽車に乗ると、路線両側の景色は四季によって移り変わっている。春には若黄の菜の花が生き生きとし、夏には青緑の苗が青々とし、秋には黄金色の稲田が豊作の喜びを伝えていて、冬には波立っている水田が静かに新しい希望を育んでいる。

 

 

観光知識袋:

昆明―建水

昆明から建水ゆきの汽車は日ごとに4便あり、昆明駅で乗ることができる。

建水古城ミニ汽車の路線:建水臨安駅から団山民居ゆき

距離:約12.82キロ

駅:臨安駅、双竜橋駅、郷会橋駅および団山駅

運営時間:ミニ汽車は日ごとに2組運営して、それぞれ9時と14時30分と

    する。

 

本文部分转载自建水古城小火车http://city.sina.com.cn/yn/lywh/2018-01-09/detail-ifyqkarr8119566.shtml 

图文版权归原作者所有

如果侵犯了您的权益

请联系我们删除或索要稿费

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省文化と観光庁 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省文化と観光庁
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: