Intaro
雲南に行って食べなけばならない八種類のグルメ

1.大救駕:大救駕は雲南の有名なグルメの一つであり、即ち餌塊炒めである。餌塊は米で作られ、雲南の特有の食べ物である。その出典は清初呉三桂が清の時代を率いて昆明を攻め、明の時代の永皇帝の小朝廷が騰沖へ逃し、お腹がとても空いた時、地元の人から餌塊炒めをもたった。皇帝は「餌塊炒めが私の命を救った」と好評し、餌塊炒めに変名された。

 

2、苦蕎麦粑粑:苦蕎麦粑粑はイ族の主食として、そばが雲南寒冷地域で産出する雑穀である。また苦い蕎麦と甘い蕎麦はある。イ族地域において、暖かい春で花が満開し、蜂蜜を豊富に産出する季節が来ると、苦い蕎麦を焼いたり、揚げたり後、蜂蜜タンクから蜂蜜を取り出し、牛の耳のサイズと同じ葉っぱを包み、これをかけて食用する。

 

3、過橋米線(やや太めに作られたビーフン)は雲南の有名なグルメである。過橋米線は主にスープ、肉切り、米線及び調味料で作られた。そのスープは肥満の鳥、豚骨などを透明になるまで煮込み、鶏の胸肉、豚ロース肉、ブタの腎臓、腎臓、魚などを薄く切り、小さい皿に入れて、米線が細くて白い、噛みごたえものが薦める。またエンドウ野菜、黄色韮、ほうれん草なども準備する。食用する時、「ナマコ食器」を使って、味の素、ペッパー、調理された鶏油を入れる。美味しいスープ、熱気がない。食べる前にハトの卵を食器に入れて、肉切りをスープに加入し、軽く攪拌しながら、すぐ真っ白になる。その後、新鮮な野菜、米線を入れ、ラー油、胡麻油と合わせて食用する。

 

4、バラ米凉海老:米で作った汁を煮込み、穴じゃくしで冷たい水を入れて作ったものである。頭が大きい、尻尾が細いから、海老に似ることから、名付けられた。また砂糖水、バラ砂糖に加え、夏は一番食べやすいもので、涼しくてすっきりとした味を楽しめる。

 

5.大理乳扇:乳扇は大理のペイ族人民の特色グルメである。地元の少数民族は残ったミルクで作られたものである。とても美味しいから、地元だけではなく、宴会でも人気食品である。

 

6、曲靖餌絲蒸し:餌絲蒸しはとても美味しい、特色もある。辛いものが好きなお客様はラー油をかけてよく攪拌してから食用する。食べ終わった後、みじん切りネギ入り豚骨スープを飲み、味わいが尽きない。

 

7、香竹飯:香竹飯は濃いタイ族特色があり、毎年11月から翌年2月まで作ったご飯が一番美味しい。竹の中、香りのフィルムがあるから、香竹と呼ばれる。タイ族人は香竹の竹を底として切って、漬けたもち米を竹の筒に入れ、バナナの葉を竹の筒の入り口に詰め、水で15分間浸し、火の灰に入れる或いは炭火で焼く。竹の筒の入り口から10分以上水蒸気が出てから取り出して、食べる時に木槌で叩き、ご飯が柔らかくて美味しい、いい香りで味わえる

8、エンドウ粉揚げ:エンドウ粉揚げは伝統的な民間グルメである。優れたエンドウを水で膨れ、皮を除き、豆乳を作る。篩で濾過してから、鍋に入れてからとろ火でのり状まで煮込み、冷却後エンドウ粉を作り上げる。刃物でエンドウ粉を薄く切り、鍋に入れて香油と豚脂と一緒に混ぜ合わ、半分成熟してから取り出し、また鍋に入れて揚げて取る。食べる時、スパイス塩をかけてもっと美味しい、味わいが尽きない。

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: