Intaro
国慶節期間中雲南のCCTVに指名された 二ヶ所の観光地

雲南は再び人気爆発!

二箇所がCCTVに指名されたのは

あまりに美しいから

10月4日、CCTVニュースチャンネルの

大型生放送シリーズ報道『江山多嬌(江山がなんと美しい)』は

第四話――色彩編を放送。

東川紅土地という中国色彩を極めて持つ「雲南の誇り」は

 番組で素晴らしく3分間近くデビューされた。

江山多嬌』:色彩編―――大地芸術 人間色調合

空高くからこの土地を見下ろした場合、

それがなんと素晴らしいなと考えているのではないか。

こんな景色は天国にこそあるべきもので、人間ではなかなか見ることができない。

これはまさか土壌の色ものか、

天国の神様が油断でパレットをひっくり返してしまって、

人間に残ってこんな美景になったよね。

 

 

東川がどのように美しいか、一緒に見よう!

これは世界で公認されている最も雄大な紅土地!

東川紅土地は専門家らに

世界でブラジルのリオデジャネイロ以外の

最も雄大な紅土地だと考えているが、

景色がブラジル紅土地より壮麗!

 

小麦の収穫シーズンに当たった場合、

赤・緑のほかに

また、青空、黄色い麦波が加わったら

その視覚は最も豊かで震撼的だろう。

 

 

時によっては、お目に入った景色は違っている。

ただいま晴れ渡っていて、

目の前の景色が広々としているやいなや、

いつの間にか雲が出てきて、

部分の光を遮って、紅土地は光と陰が混じり合い、

別の景色を見せるようになった。

 

 

秋になると、色はより濃く、より鮮やかになるよ。

9-12月になると、焼いたように輝かしい。

秋の11月になったら、

ここの景色はより輝かしくなり、

暖かくて緑の未熟を消去して

雄大で壮観な黄色と真っ赤を見せてくれる。

 

それぞれの観光スポットは自分の特色があり、時によっては、景色が違っている。雨後の紅土地は色彩が特に鮮やかで、朝には色彩がわりに暗くて、夕方には光線と色彩がかなり良くなる。

Tips チップス

日出見に最適な場所:打馬坎

日没見の最適な場所:楽普凹、瓦梁房子。

宿泊:紅土地の農家旅館へのお泊りをお薦めする。紅土地では、私的な農家旅館しかないが、ほとんど安全衛生基準に達している。農家旅館に泊まるなら、空気が鮮やかで、睡眠が平日よりずっと良くて、また、田舎生活を実感することもできる。東川に泊まっても良いが、一日うちに紅土地へ行き来することができる。

グルメ:紅土地で農家料理を食べることは特におもしろい。高原地鶏とポテトの水煮、おせちベーコン、血豆腐と自家製ハムは、独特な風味がある。食べる価値のある野菜料理には揚げじゃがいも、および現地の白大根、ニンジン、カボチャスープがあって、甘くて口に合うばかりでなく、解熱して暑気を払うこともできて、「グリーン」ごちそうと言える。

 

江山多嬌・江河編――絶壁懸古村

CCTVが4分間で麗江宝山石頭城を紹介したが、

石頭城がどのぐらい美しいか、一緒に見よう!

麗江から約140キロのところには、

山岳間に位する城があり、

それは宝山石頭城という。

宝山石頭城は

麗江市から北110キロの金沙江峡谷に位置して、

百数戸の家庭が一つの独立した

キノコのような巨石の上に居住していることによって名付けられている。

宝山石頭城はナシ族語で「拉伯魯盤塢」といって、

「宝山白石寨」という意味で、

城内では瓦家屋が立ち並んで、路地が縦横している。

麗江ナシ族住民は岩を切り開いて家屋を築き、

家屋の石柱も縁石も勢いに応じて作られて、

古めかしくて自然的で、極めて珍しい。

「神様視点」によって宝山石頭城を見れば、

それはまるで巨大な石のようで、

金沙江峡谷の急斜面に聳えだっていて、

周りを見下ろしている。

北は雄大で険しい太子関、

西はジグザグとした牦牛岭、

南は岩石渡絶壁である。

麗江宝山石頭城は三面が断崖絶壁で、

一面の石坂が金沙江を差し込んで、

ただ南北の2ヶ所の石門からしか出入することができないで、

さすがの天険の城である。

五月に小麦が熟し、十月に稲が黄色くなり、

緑の麦・黄色い稲の波に載せられている巨船のような石城は、

まるで童話の城のようである。

石頭城の家屋はスタイルが様々で、外観が美しくて、

また、代々の雲南人の知恵も含まれている。

Tips

交通:麗江から宝山石城まで、約140キロあり、玉龍雪山景勝地を過ぎると、土石道になり、道路状況があまり良くなく、車道が狭くて曲がりが多くなる。現在、一般的に象山市場で商用車両に乗って宝山石頭城駐車場に直行することができる。ドライブ観光をお薦めするのは、道中風景が美しいから。しかし道路状況が悪くて、気をつけてください。 経験豊かな徒歩愛好者にとっては、徒歩も素晴らしい選択である。

入場券: 目下、宝山石頭城は入場券を必要としない。玉龍雪山から宝山石頭城へ行くなら、105元の玉龍雪山入場券を買い、また80元の古城保護費用も払わなければならない。瀘沽湖から回り道で行くこともできるが、3時間も多くかかる必要がある。

旅館:目下、宝山石頭城には私的旅館が何軒かあり、トイレ付きのツインルームは60元、トイレ無しのツインルームは40元である。

飲食:旅館および石頭城のレストランでは、食事することができる。料理はナシ族料理を主とするが、うまいナシ風のグルメを味わうこともできる。

最高の観光シーズン:4-10月

 

もし君が都市の鉄筋コンクリートを嫌えば

雲南のこの二つのところへ見に来たらどう。

もしお体がすでに都市の速いリズムに疲れれば、

これらの山水間に来て自分を探し戻したらどう

 

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: