Intaro
雲南の村寨は中国最後の原生態部落です。

翁丁は、佤山群落で最も独特な場所です。「翁」は水で、「丁」は接で、翁丁の意味は接続された水です。 ここには、4000年余り伝承してきた佤族人民が生活していて、原始的な民建築物とその独特な佤族文化が残されています。ここは中国国家地理雑誌に「中国最後の原始部落」と褒め称えられています。 翁丁寨内寨外の一切事物が全て佤族歴史文化の自然博物館だと評価した人がいます。翁丁は阿佤山の縮図のようで、佤山の往古と現在を記録しています。

噂によると、佤族村寨周辺の木は全てやたらに切ってはならないで、木は村寨を保護する神霊で、それぞれ自分の魂があるので、佤族村寨周辺の木は全て茂っていて、林壁になって、代々と村寨内の住民を保護していると言われています。

翁丁は阿佤山の縮図のようで、佤山の往古と現在を記録しています。

佤族村寨周辺の木は全てやたらに切ってはならないで、木は村寨を保護する神霊で、それぞれ自分の魂があります。

 佤族村寨周辺の木は全て茂っていて、林壁になって、代々と村寨内の住民を保護しています。

この砕石を敷かれた小道は小路を村寨への唯一の道です。村寨に入る時に、村びとは一人ひとりのおでこに1つの黒いマークをつけ、、また、それぞれと酒を一杯飲み、歓迎と吉祥を表します。 砕石で敷設された小道を歩いている時、道の両側に多く差し込まれた木杭、、木杭に掛けてある牛頭は、入った人々にらここの古めかしさ、神秘を感じさせます。 両側には多くの小屋があり、約1人ほど高くて、それは佤族の穀物倉庫です。彼らは食料をこのような小屋に保存していて、各家はそんな小屋があって、そのうえ、鍵をかけけ必要がありません。

この砕石を敷かれた小道は小路を村寨への唯一の道です。

翁丁佤寨は山に依って、屋と屋の間隔が遠くなくて、原生態佤族茅葺屋民居が干欄式竹木楼です。 一般的に上下2階で、上階は乾燥して涼しくて居住しますが、下層は雑物堆積、または豚飼い、または牛飼いに用いられます。 伝統的な干欄式家屋は、一般的に藁を覆われて、竹木構造で、壁が竹畳で囲まれ、床が竹畳で、その外形が孔明帽子と同じようです。 風を避けて防寒するため、屋根は地面に近くて、はるかに眺めると、キノコのようです。 佤族民居は大きく二種類を分けています。一種は独身成人の住んで屋根が低くい単層楕円型の家屋で、成年未婚と孤寡中高齢者は全てこのような部屋に住んでいます。もう一種は、普遍的な2階建てで、階上は人が住み、、階下は家畜が占めています。 しかし、新婚夫婦の住むものは単層のわらぶきで、いくらお金があっても、住んだ時間が三年間に不足すれば、2階建ての宅に引っ越しては行けません。また、佤族人家はみんな柵あたりに貯蔵室を建て、主に食料を貯蔵して、そのうえ、鍵をかけないです。佤族はまだ道に落ちたものを拾わない遺風を残しています。

原生態佤族茅葺屋民居が干欄式竹木楼です。

阿佤的妇女有抽烟斗的习俗,不管是在劳动中或在空余休闲时都会拿出烟斗抽上几口烟。她们用的烟斗都是自己做的,烟杆和烟斗取自山上的竹子。提到阿佤山里生长着很多的竹子,我就很兴奋的,因为有阿佤山区的竹子,我才吃到了原生态的竹虫,一种生长在竹子里、能够食用的虫子,非常的营养也非常的好吃。把生有虫子的竹杆破开后,里面估计一节里就可以满满的做上一碗原生态的竹虫吃,口感非常的好,入口脆脆的,如果你要去阿佤看翁丁古寨的话,一定要尝尝那里的新鲜的竹虫。

阿佤族の女性は喫煙の習俗があって、労働中でも暇な時でも、パイプを取り出して喫煙することがあります。 彼女らのパイプは全て自分で作ったもので、煙棒とパイプが山上の竹で作られたものです。 阿佤山にある多くの竹に言及したら、私はどきどきと興奮してきて、阿佤山に竹があればこそ、原生態の竹虫を食べることができるのです。それは竹の中に育っていて食用できる虫で、非常に栄養があっておいしいです。 虫のある竹ざおを切り開いて、1節内の竹虫が椀いっぱいあるかもしれないで、口当たりが良くて、口に入れて食べると、もろくてうまいです。もし阿佤へ翁丁古寨を見物に行けば、ぜひ、そこの新鮮な竹虫を味わってくださいよ。 

阿佤族の女性は喫煙の習俗があって、労働中でも暇な時でも、パイプを取り出して喫煙することがあります。

佤族とは古語で「山上に住む人々」と意味しているのです。 佤族は中国僻地に位置して、解放前にはずっと原始社会の焼き畑農業段階でしたが、解放後には一挙に近代的社会に渡ってきたので、多くの原始社会の痕跡が残されています。例えば、翁丁古寨は、今になっても、男生が農業、女性が紡績に従事する伝統を維持しています。寨内の女性は普通、暇になると、自宅の前で糸を引き上げてその場で布を織り始めるようになることがあります。 阿佤族の女の子が自分で作ったショルダーバッグはところどころで見られて、とても実用的できれいです。

阿佤族の女性は勤労で、また、歌や踊りが上手です。 君に教えしなければいけないことがあります。佤族人が佤王宴を食べるときに、もし彼女が君に向けて熱情的に歌えば、君は絶えずに酒を飲まなければなりません。どのぐらい歌われれば、どれくらいの酒を飲んで、絶えずに歌われれば、絶えずに飲まなければならないで、君がきっと酔ってしまうようになると思うのです。 

翁丁古寨では、今になっても、男生が農業、女性が紡績に従事する伝統が維持されています。寨内の女性は普通、暇になると、自宅の前で糸を引き上げてその場で布を織り始めるようになることがあります。  

翁丁では、今になっても、男生が農業、女性が紡績に従事する伝統は維持されています。寨内の女性は普通、暇になると、自宅の前で糸を引き上げてその場で布を織り始めるようになることがあります。

  

門前の石で築かれた庭で、女主人がゆったりと布を織っているところをはるかに見つけたら、さっそくカメラを取り上げて、そのゆったりした純朴な瞬間を残しました。

  

翁丁古寨では、こんなショルダーバッグはところどころで見られて、阿佤族の女の子が自分で作ったもので、とても実用的できれいです。

阿佤族人の肌色はどす黒くて、特に美しく、とても健康で、アジアの野ばら、中国の黒いボタン、雲南の黒い真珠、滄源の黒いチョコレートという美称があります。 彼らは海辺へ日光浴に行く必要がなくて、老人も子供も肌色が同じです。 そのようなチョコレート色の肌色は必ずあなたに影響して、君の心に揺さぶるに違いないと思います。阿佤へ古寨を見物しに来るなら、ここの人々の肌色を見に来ても良いのですが、アジアの野ばら、中国の黒いボタン、雲南の黒い真珠、滄源の黒いチョコレートなど、色々な美称のある肌色を見ることができます。

  

老人も子供も肌色が同じで、どす黒くて、美しくて、とても健康です。

  

佤族人のどす黒い肌色が彼らの特徴で、子供も例外でなくて、その小さい男の子の肌色を見ると、すぐ、彼が阿佤人の後代だとわかるでしょう。 この子供はずっとお母さんを回っていましたが、お母さんが布織りに忙しいあまりに、彼を無視しました。そのためか、子供は怒りになって、お母さんの糸を引いていて布を織らせないで、ちょっと横暴そうですよ。

 

その佤の妹自分の家にある二階プラットフォームのゆったりしたものは糸を紡いでいて、日の入りの光線の映え下に質実さに見えきちんとして威厳です。

前世紀に、「阿佤人民唱新歌」という歌がは全国に響いて、それによって、多くの人々は佤族人民の物語を知っています。 阿佤族人は純朴かつ熱情で、客に会うと、すぐ歓迎の意を心から表しています。阿佤族の女性は手先が器用で、自分で織り、自分で服を作り、用いる材料が全て原生態のもので、少しも汚染されていません。 阿佤族は一夫一妻制を実行して、一般的に同姓で結婚しないで、でなければ、居住している村寨から駆けり出されてしまうでしょう。 阿佤族は万物に魂があることを信じていて、どこに歩いても身の回りの万物を大切にしなければいけないで、でなければ、報いられてしまうでしょう。阿佤族人は酒を飲む前に、何滴かの酒を地上にたらして身の回りの神霊を祭ります。

阿佤族人は純朴かつ熱情で、客に会うと、すぐ歓迎の意を心から表しています。この阿佤族の妹ちゃんの挨拶してくれる瞬間を撮られて、彼女に末長く幸せであるようにおながいします。

阿佤族の女性は手先が器用で、自分で織り、自分で服を作り、用いる材料が全て原生態のもので、少しも汚染されていません。

この阿佤族老人はタバコを飲みながら、針仕事をしています。

翁丁では、こんな剥がれたトウモロコシは干された後、穀物倉庫に入れられます。

この画像に示されている翁丁の原生態が大好きです。

阿佤族は一夫一妻制を実行して、一般的に同姓で結婚しないで、でなければ、居住している村寨から駆けり出されてしまいます。

佤族の翁丁古寨では、老人は一般的に中国の共通語が聞き取れないで、ただ子供たちが話したり、書いたりすることができますが、ここは嘗てそんなに古かったです。 佤族の小さい女の子が妹を背負って挨拶に来てくれて、少し照れ臭そうでしたが、彼女の標準的な共通語は私を驚かせました。

小さい女の子が妹を背負って挨拶に来てくれて、少し照れ臭そうでしたが、彼女の標準的な共通語は私を驚かせました。(作者:徐龍)

 

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: