Intaro
大理を選択して生活する36の理由

36の理由は、36枚の画像、36の零れ話を配置されています。これは旅行と関わらない大理で、喧騒がなく、観光客がいなく、観光スポットがありません。

1、不精: 大理は人に「不精」を考えさせる都市で、その理由がありません。 大理に行ったら、君は自ら忙しくしたくなくなり、まるで愛情のようで、理由なしに訪れてくるのです。

▲ 日光が一本、本が一冊、気持ちが一つ、親友が3~5人あれば、結構ですよ。

2、歓談: 大理は、1つの歓談できる都市で、彼女の若さ、包含、熱意、ホスピタリティなので、ちょっと振りまわると、すぐ、一人の親友ができて、久しく歓談できます。

▲ 1人に出会うと、ほほえむことができ、千山万水を越すことができます。

3、宝地:大理は得難い「風水宝地」で、蒼山、洱海に囲まれて、ほとんどすべての「家」を「山に控え、水に面する」のようにすることができます。

▲ ある朝、周城の日光の中で覚めます

4、洱海: 雲南第2大淡水湖で、嘗て「葉楡沢」、「昆弥川」、「西洱河」などの美称がありました。北は洱源県江尾郷から始まり、南は大理市下関鎮に止まり、3日月のような形がしているのです。現在までで、「蒼山に控え、洱海に親しんで」居住できる「福地」はほとんど主人があります。

▲ 環海東路の上、海中の緑色森林

5、月見: 洱海といったら、洱海の月を言及しなければいけないです。 洱海は水質が清く、その上、水面が鏡のように平らで、霧にかすんだ水面が広々としていて、月見に良い場所です。

▲ 桃源村で、日落ちと夜明けを期待しています

6、祝日: 大理は、祝日と祭りの多い都市です。そのため、君は自分を休みにならせる理由が多くあります。正月から、松花祭り、元宵節十五日灯籠祭り、花朝節、三月三、三月街、四月十五日胡蝶祭り、繞山霊、耍海会などがあり、そのうち、三月街は最も影響力があり、サラリーマンとして、7日の連休を楽しむことができます。

▲ 正月二日に、田舎出会いの白族女子ドラゴンダンスチーム

7、隠居: 大理は芸術家の天然的な「隠居の場所」です。三毛の啓蒙先生の画家韓湘寧氏、北京有名な画家方力鈞氏、台湾有名な作家曹又方氏などの著名な芸術家は全て大理の住民です。

▲ 繁華の背後は、結局のところ、一隻の小舟が塵土に帰することです。

8、江湖:大理は、理想的な「江湖の地」で、落ち着いて、包含的で、世事に対して超然として、十分に人に楽しいあまりに、煩わいを忘れさせることができます。

▲ 江湖が大きくて、どうしても私の身を落ち着けるところがあります

9、古城: 今、古城に暇に居住しているのは、ほとんど世界各地から来て、完全に大理に溶け込んだ友人です。おもしろいことに、洋人街で酒を飲む人は全て外国人ではなく、人民路のバーで時間をつぶす人は全て中国人ではないのです。

▲ 「文献名邦」という語彙は小学校の時に何回も書いたことがあって、そのときのテーマは「私の故郷」でした。

10、風:下関の風は都市の空気を浄化し、君に自分の肺を洗浄させることもできます。

▲ 金色の日光の下で、私はむしろ風で揺れた草になりたいものです。

11、花: 上関の花は年がら年中咲いていて、ここで蓮ほどの大きさの花を観賞でき、毎年12弁咲き、閏年に13弁咲いて、色が柄黄色と白で、それは美しくて魅惑的な「朝珠花」です。

▲玉洱公園の椿花、パパイヤ花は毎年時間通りに盛んに咲きますが、私の帰宅時間は一日一日と短くなってきました

12、雲:大理では、空に雲ができると、花のような形になリます。

▲ 風が起こり、雲が湧き上がる美しさは、ただ午後の散歩時の出合いです

13、民居: 大理は詩的な棲息地で、青瓦、白壁、石畳、柳、小川、向日葵、白鷺のある白族民居で頭を上げて見た四方の空は大宇宙でもあります。

▲ 三室に一照壁、四合に一中庭。大理の子供たちは皆中庭で星空を仰ぎ見たことがあるでしょう

14、酒: 大理で最も有名なのは、様々な漬け酒で、例えば、彫梅漬酒、カンラン漬け酒、パパイヤ漬け酒は、少し年寄った女が作ることができます。

▲ 思う存分に、風・花・雪・月の物語に夢中になります

15、歌: 東方セレナーデと喩えられた「小川は水が流れる」は嘗て、ウィーン金色ホールで演奏されたことがあり、世界に響いています。

▲ 蒋公祠の穴洞経古楽から、午後じゅうで座っていて歳月に消え去った物語を聞くことができます。

16、温泉: 「美人湯」が多くて、大理にさえいれば、温泉は君の身の回りにあります。

▲ 「美人湯」は花のような白族の女の子を育てて、彼女らの顰め、微笑みはすべて風情です

17、山泉: 蒼山の19の峰は18の渓流があり、雪を水に解けて、勢いに乗って流れ落ち、無声に万物生命を潤しています。

▲ 19の峰は18の渓流があり、すべて海に流れ込み、山と海が溶け合い、大理唯一無二の美しさを育成しています

18、島: 洱海漫遊の場合、美しい水景以外に、言い切れない小島もあります。

▲ 双廊で立って、海を隔てて眺めたら、南詔風情島が依然として秀麗ですが、、ただ往事がもう過ぎ去ってしまいました

19、文化: 大理は悠久の歴史文化があって、千年もの歴史沈殿が厚く蓄積していて、味わう価値があります。

▲ 田舎中には、まだ本主祭が残されていて、それは白族人の精神信仰です

20、気候: 「天気がいつも二三月のようで、花が常に咲いて四季がはるのようである」というように、大理の気候が絶好なので、ぜひ、三月に大理へ山見物、海見物、名月見物に来てください。

▲幼いから、「大理三月好風光」を歌うことができますが、実は4つの季節がすべて美しいです

21、カンフーティー: 大理にはカンフーティーがあり、一苦二甜三後味というように、お茶の境界は、人生境界のようでもあります。

▲三杯茶は三味人生です

22、古茶木: 大理の良い山、良い水は良いお茶を育てています。「名士高僧共一楼」という感通寺には、今になって、2本の明代の古茶木が残されていて、毎年の新茶はお茶の絶品だと言えるのです。沱茶は名がより高くて、前世紀初頭から、大理喜洲商業協会会長の厳子珍によって創立されて、従来して茶業界の老舗である。

▲ 路上の大青木、電線はそのままに残されていて、元々のものは何よりです

23、扎染: 大理の扎染は板藍根を染料としているのです。完全な環境保護、ファッションの布は、身に掛けられると、古めかしくて華やかな服になり、壁に掛かると、写意的な現代的装飾絵になっています。

▲ 周城の町工場で、複雑で美しい扎染布はこのように一針一線で染められたものです

24、魚: 大理へ行くと、もちろん賓川の海稍魚、砂バの酸辛魚を忘れません。

▲ 大理街頭の風景は、色がはるかに味覚芽の魅力より増しです

25、軽食: 大理では、涼粉、焼き子豚、(火餅)肉餌千切、木花、海草、生肉など、食べきれない白族風味軽食があって、名前を知りませんが、食べたらどうしても忘れられないグルメがあります。

▲ 喜洲四方街の傍の老夫妻の破酥ババは一つが甘くて、もう一つが塩辛くて、いつまでも私の大好物です

26、十大住みやすい都市: 大理は「中国十大住みやすい小城」トップ1にランキングされたばかりです。このような称号の取得は、自然的な生活に復帰する方式が住みやすい都市の特徴する属性と合致しているおかげで、中国唯一です。

▲ 才村へ行く途中、静かな住宅は人々通行人の離れていく人影を目送しています

27、仏教: 千年妙香仏教国で、嘗て9人の君主が出家して、三塔でなくなりました。鶏足山はさらに東南アジア仏教景勝地という称号を取得しています。

▲ 妙香仏教国の物語は、磬の鳴り音で、千年にわたって伝えられています

28、山: 大理は半分以上の土地が森林に覆われていて、春の離れたくない場所です。

▲ 大理の春は離れたことがなくて、私の心も同じです

29、周遊: 君は世界を周遊したければ、まず、大理で「洱海を周遊する」ほうがいいと思います。

▲ 私は身を全世界に置いて走り、心が洱海を周遊します

30、人文: 大理は俊才が多くあります。 韓小恵氏の「驚聞剣川有人傑」という文章によると、李根源、趙藩が剣川から出来きた大理白族人だそうで、また、張耀曽、楊傑、周保中、楊麗萍、奚志農……があります。

▲ 世の中で最も感動的な物語は、いつまでも時間に沈澱しています

31、双廊: 双廊は楊麗萍のガラス屋根によって世界によく知られていて、噂によると、泊まれば、一夜の料金が5000人民元だそうです。

▲ 覚えていた双廊は長くて静閑で、喧騒がなく、塵がありません

32、距離: 大理は麗江、昆明、シャングリラなどにずいぶん近いです。

▲ 道がいくら遥かでも、心が路上にありさえすれば、必ず到着できるのです

33、物語: 1人の麗江では、君の探するものは情事ですが、二人の大理では、君の収穫するものは愛情です。

▲ 愛情は、何と言っても、最後まで助けあうことです

35、空気: 大理の大気汚染指数は年間で50より小さくて、衛星から地球をはっきりと見下ろすことができる場所の一つです。

▲ このようなフィットネスセンターがあって、私は風に伴って走りたいものです

35、美景: 大理は観光、撮影の天国で、所々が風化で、12か所の縣市にはそれぞれの特色を持つ美景があります。

▲ 日が出る時に、静かでなりませんが、私の心は静かになったことがありません

36、幸福で: 大理での生活は幸福なことです。歌っている兄ちゃんは幸せで、餌千切を売っている金花ちゃんは幸せで、南北各地からのバックパッカーズは幸せです。大理に住んだり、大理を通ったり、大理を聞いたり、大理へ来る途中だったりして、大理と、幸福と関わる物語は言い切れません。

▲ 幸福とは子供たちの目で、ちっとも、期待する価値のあることではありません。

 

作者:魚魚衆生

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: