Intaro
雲南の年に一度の特色ある宴席

雲南は昔から民族風情とすばらしい風景でよく知られているが、雲南のグルメも非常に人を引きつけるもので、例えば、過橋米線、汽鍋鶏、百虫宴などがあり、春節の時に、一つの特色ある宴会が盛んになってきた。雲南人なら、きっと雲南人ならではの宴会を食べたことがあるのであろう。それは雲南の殺豚飯で、「年豚殺し」とも呼ばれている。

「殺豚飯」という名前を聞いたら、殺気を感じるかもしれないが、よく食べてみると、郷土の匂いが富んでいるような気がする。また、情熱的かつ客好きで純朴な感情も含まれている。師走になると、年豚殺しが行われる。どの家でも豚を殺す場合、隣の人々や親族を豚肉食べ、つまり殺豚飯食べに招待するようになっている。親族や友達が一堂に会して、楽しくてならないで、一年の豊作を祝う。殺豚飯は雲南人民の情熱的で客好きな性格を反映している.

年豚殺しは、雲南省の多くの地区で年越しに欠かせない習俗で、普通は、冬に入り、天気が寒くなった後、年越しの前に行われるのである。また、春節前の最もおめでたい時である。

殺豚飯調達は家族の最も楽しい事であるが、期日を定めたら、数日前から食材などを買い始め、豚殺し日になると、更に朝早く起きて忙しくなり始める。夜が明けないうちに、年越しのためにわざわざ太く飼っている豚を捕まえることを助けるように、隣の人々を呼び起こすのである。

豚殺し済で、きれいに毛の剃られた豚肉を家に持って帰ると、家族の人々は忙しくなり、食材を洗ったり、鍋を刷ったり、肉を切ったり、料理を作ったりして、すべてが順に進んでいる。

 

豚の大すぎた人家は豚を殺された後、食べきれないと思った場合、家の前に豚肉屋台を仮設して、市場より少し安い値段で村の人たちに売ってあげる。

夕方5~6時になると、「殺豚飯」という宴席が始まる。招待された親族や友人はホストの家に集まり、にぎわって豊かな料理を食べながら、千年も変わらぬ味を盛り上げている。

自分で料理した殺豚飯は、専門的な料理長の作ったものほど上品ではないが、どの料理にもホストの喜びが帯び、郷土の濃い味が溢れている。家族の人々が自分で草飼料、グリーン飼料などで飼っている豚は、肉が脂くなくて、肉質が弾力性に満ちて、健康で栄養もある。

 

食事の場合、テーブル上の各料理は豚肉でできたもので、肉の唐辛子炒め、肉の漬物炒め、骨つきスープ、白身の水煮などがある。地域によって殺豚飯が地元の特色があり、素朴で派手ではない家庭料理であるにもかかわらず、故郷の濃い味が溢れている。

 

 

雲南人の殺豚飯は、料理が多種多様で美味いだけでなく、さらに十分である。ホストはとても情熱的で、お客さんのお碗が空いているのを見ると、すぐおかわりにして、しかも酒やタバコを勧めるのである。

食事後、お客さんと別れる時に、ホストは新鮮な豚肉が捧げて、お客さんに幸せをもたらすよう願っているのである。

 

 

 

图片声明:部分图片来源于网络

文章声明:本文转自云南之声

免责声明:我们尊重一切原著者的付出。照片版权为摄影者所有!

若涉及版权问题请原作者联系我们,请联系我们删除或索要稿费。

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省文化と観光庁 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省文化と観光庁
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: